コンプライアンスに関わる基本方針

コンプライアンス

JAは、農業者の相互扶助組織として、組合員の農業と生活全般にわたる各種の事業活動を通じて、わが国農業の発展と地域経済・社会の発展の寄与するという社会的責任を負っている。
また、金融機関として、その業務の公共性から信用を維持し、貯金者の保護を確保するとともに金融の円滑化のため、各種業務の健全かつ適切な運営を確保するよう公共的使命を担っている。
このため、JA役職員は、次に掲げる法令等遵守の実践に係る基本方針並びにJA綱領を遵守する。

  1. JAのもつ社会的責任と公共的使命を認識し、健全かつ適正な業務運営を行う。
  2. 創意と工夫により質の高いサービスの提供をして、組合員並びに地域経済の発展に貢献する。
  3. 法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公正なJA運営を行う。
  4. 社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、これを断固として排除する。
  5. 経営情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、透明な組織をつくるとともに、広く社会とのコミュニケーションを図る。

JA網領

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして、地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。
このため、わたしたちは次のことを通じ,農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

1.地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ります。

1.環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築きます。

1.JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現します。

1.自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めます。

1.協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求します。