JAのご案内

JAのご案内

JA(ジェイエー)とは、Japan Agricultural Cooperativesの略で、全国農業協同組合中央会が組織する農協グループの総称です。

おもに農業を営む個人の方、小規模な農業法人によって組織された協同組合で、各地域ごとにおかれており、おもな活動として、農業への指導や支援、農産物の販売を主体に、金融や共済事業、葬祭事業、福祉事業、また地域によってはガソリンやプロパンガスの供給をおこなっているJAもあり、活動は非常に多岐にわたっています。

JAのことをもっと知りたい方は下記リンクへお進みください。

JAマーク

JAマーク

大きい三角形は自然・大地、小さい三角形は人間を表し、左端の円は実り、さらに人の和を象徴しています。緑色は自然環境と成長を表しています
このマークは、「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字をとった「JA」をシンボリックにデザインしたもので、1992年4月からCI活動の一環として制定され、全国の農協で統一使用されるようになりました。

JAさいかつマーク

JAマーク

全体のデザインは「さいかつ農業協同組合(Saikatu Aguricultural Co-operative)」の頭文字の「S」、新JAは4JAの合併によることからJAの「J」の2文字をモチーフし、人と人とを合わせた共同体を表現し、JAの基本である人と自然の調和と共生、JAさいかつが地域社会に開かれたJAであり、恒久に地域社会へ貢献できるよう、明るく活力ある色彩を用いたロゴ・マークです。

3つのテーマ
(1)人と自然の共生
上の赤いデザインは「人」をイメージし、下の青いデザインは「自然」をイメージしている。特に地域の江戸川・大場川・中川・綾瀬川・垳川をあらわし、この地域は江戸時代の昔から水田開発による良質な早稲米の産地であり、水運を利用した農産物等を供給し江戸の台所の役割を果たし発展してきた地域である。
川の恵みのなかで発展してきたことから「人と自然の共生」により、JAが更なる発展することの願いがこめられています。
(2)人と人との協同
JAの「J」の2文字をモチーフし、人と人とが手と手を合わせた共同体をあらわし、地域社会への貢献とJAさいかつが協同組合の基本である、人と人との繋がりにより大きな輪を広げ発展することの願いがこめられています。
(3)相互扶助と自由
赤と青の2色により、赤は協同組合の基本理念である人間味あふれる「相互扶助」、澄み切った青はJA経営の健全性・透明性・無限に広がる「自由」をイメージされればご幸甚です。